スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわり畑

季節外れも甚だしく。
2013年8月18日、大岩フラワーガーデンに行ってきました。

敷地内には馬、アヒル、あとロバもいるようです。
ネコが沢山いるネコの家も。






暑くてバテているネコ達。

13081802.jpg




ポーズ変えた!かわいい!セクシー!

13081803.jpg




カゴの中で丸くなって寝ている子達もいるし、ベッドの下の僅かな隙間に
潜って涼をとるねこ達も(ベッドの下からちょっと身が見えてる)。

13081804.jpg




標高700mの大岩をバックに人工物の無いひまわり畑が広がっています。
50万本のひまわりだったかな。

13081805.jpg



13081807.jpg



13081808.jpg



13081806.jpg



13081811.jpg




爽やかな感じに。

13081810.jpg




人懐こい蜂がめっちゃ飛んでて困った。
構ってちゃんめ。

13081813.jpg




あらたんに花粉つきそうだった。
これ以上汚れたらアカン。

13081812.jpg
スポンサーサイト

2014与那国ダイビング6

与那国でのラストダイブ。
西崎。

今回のダイビングでハンマー狙った所は全部当たりだしてるので、ラストも
ハンマーに会える気満々(というか見られない事なんて無いと確信していた)
だったのですが、一応ぬいぐるみシュモに「海にお前の仲間呼んでくれ!」と
願掛けしてから潜りました。

14020814.jpg




大分与那国スタイルに慣れたので(最後にして…)精神的余裕が。
今回もメインガイドさんの真上、水深15mをキープ。
ブルーウォーターダイビングの様子をとりあえず動画に撮ってみました。

目印も何も無い海は方向感覚がなくなる。
ついうっかりすると深場に行ってしまうし。






普段のダイビングでは自分の何mも下にダイバーがいることって無いので、
(他チームのダイバーが下に居る事はあるけど、一緒に行動しているわけではないし)
ガイドさんの吐くエアーの泡を浴びるのが楽しくて。
私の高さまで上がる頃には泡がかなり結合&膨張で大きくなっていたので、
それを手刀で切るのに夢中になっていたらハンマーとかすっかり忘れてました。

14020816.jpg




泡あわ。
ジャグジーみたい!!






とかやってたらガイドさんが急にダッシュしてカンカンと音を鳴らして合図。
ハンマー出た!!
左下の方に…群れ見えますでしょうか。

14020818.jpg




今回は自力でダッシュ。
潮の流れも強くなかったので、引っ張られずに一人でダッシュ出来ました。
でもあっという間に後方に居た皆様に追い越されましたが。
下の方に群れ。

14020819.jpg




ハンマーちゃん待って!!

14020820.jpg




100匹オーバーの大きな群れのハンマーが途中で2つに分かれました。
ダイバーも散り散りに。
私はとりあえず必死で泳ぐのみ。
ハンマーに追いつかないよ〜(T T )
でも今までで一番ハンマーに近かった…と思いながら泳いでいたら、
私の真下を泳ぐハンマーが数匹……!!!

14020821.jpg




群れから外れて親切にも私の真下数メートルのところを優雅に泳ぐハンマー。
なにこの子ちょう可愛い。
ちょうかわいい!!!

14020822.jpg




Unknown.gifハンマー

14020823.jpg




Unknown.gifハンマー

14020824.jpg




これは我を忘れてハンマーを追いかけてしまいそう…
一旦他のダイバー達の様子を確認。
どうやら私は最後尾にいるようですね!

14020825.jpg




たまらん可愛い。

14020826.jpg




最終的に、今回もインストラクターさんが私を引っ張りました(´・_・`)
しょんぼり。
真下のハンマーにうつつを抜かして最後尾にいる私を迎えにやって来た
インストラクターに引っ張られ、みんなと合流してラストダイブ終了。

14020827.jpg

大きい群れでしたー!
今回は一応自分でダッシュ出来たし、写真もハンマーとわかるの撮れたし、
船に上がっても頭痛はほとんどなかったし、満足!!!

自慢していいすかー!
私が潜らなかった時は(ハンマー狙いのポイントで)ハンマーも何も見られないとか、
ハンマー居ても数匹だったりという感じでした。
わたし、狙いを外さなかったよ!!!ハンマーの神様ありがとう!!

帰宅困難編につづく。

2014与那国ダイビング5

与那国3日目。
ダイビング最終日。

午前1本目、西崎。
因にこの日はAチームとBチームに分かれていたのですが、
両チームとも4本全て西崎でした。



逆潮で昨日のハンマーヘッドロックには向かえず、ハンマーヘッドロック手前まで
というルートに。

14020812.jpg




前日の頭痛は本当に酷かったので、今回は息を吐く事に集中。
二酸化炭素は追い出せ追い出せ。

14020801.jpg




ろくな写真が撮れてないのですが、与那国の海の深さ、広さを感じて下さい。

14020802.jpg




ハンマー群れ登場!!
またもら引っ張られて泳ぐ私。
引っ張られてるくせに疲れる。
ダッシュしているうちはテンション上がってるから特に気にならないのですが、
ハンマーを見失ってダッシュを止めた途端にもの凄い息切れが。
深く吸って吐かないといけないのに、もの凄く浅い呼吸。
ゼーゼーして動きたくないし、ダイビングどころじゃなくって本気でリタイヤ
したくなりました。
なんとか意地で持ちこたえたけど。

この時だったか、前日の西崎だったか忘れたけど、ハンマー見つけてダッシュ→
見失ってゆっくり…と思ったらまた見つけてダッシュってなって、
2回目のときはもう疲れと息切れが半端じゃなかったので、引っ張られながら
「もうやだ、もういい」って首横に振ってました(^^;;)
そのくらい辛かった……
私脚力無い上に、肺がやる気無いので(肺機能検査の結果が最悪)。
せめて脚力鍛えよう。


丸で囲った所にハンマーが……フィーリングで感じて下さい。

14020803.jpg




矢印の所にハンマーが(いるはず)…。
これ矢印無いとただのペンキこぼした画像ですね。

14020804.jpg




ダッシュが出来ないので、今回はエントリー時から
メインガイドさんの真上に居ました。
他のお客さん達は私のかなり後方。
そうしないと、みんながダッシュしたときにどんどん追い抜かれてゆく(^^;)
雑な絵で申し訳。
ガイドさんは結構深い所にいますが、私はその真上、水深15mを保ってました。
すると、ガイドさんが時々止まって大きく辺りを見回してるのがわかります。
ハンマー探してるんでしょうね。

14020813.jpg





この西崎のハンマーの群れも大きく100オーバーくらいだった様子。
わーい。
午前中の2本目は行かなかったのですが、どうだったのか聞いたら
「カメが居た」とのこと。
ハンマーは見られなかったようです。

潜らないので暇な私は近くをブラブラ。
2009年に来たときもこのへんは散歩してたので懐かしい。

14020805.jpg




カジキ。

14020806.jpg



14020807.jpg




ショップをうろついていたネコ。
かわいいぃぃぃぃ!!!
冬期手伝いスタッフさんの飼っているチワワがショップ内で放し飼いに
なってるのですが、そのチワワが果敢にもネコを追いかけ回してました。

14020808.jpg




ネコ大好きなので写真が選べませんでした。

14020809.jpg




同じ様な写真を載せまくる。

14020810.jpg




かわいすぎる……

14020811.jpg


与那国ラストダイブにつづく。

2014与那国ダイビング4

与那国2日目、ダイビング後にレンタカーを借りて観光。
ダイビング後なので17時くらいからレンタカー屋さんの閉まる18時30分まで。
止まらなければ1周40分くらいなのですが、止まらなかったら意味ない…。
私は以前観光したので(自転車でも3〜4時間で1周できる島を2日間観光した奴)
その時の写真の方が夏で天気も良いし、色々あるので↓
2009年与那国1
2009年与那国2
2009年与那国3
2009年与那国4-①
2009年与那国4-②
2009年与那国5 ダイビングログ



今回はとりあえず東崎(あがりざき。陽があがるから)へ。

14020724.jpg




「どぅなんの情」の碑。



「どなん(どぅなん)」とは与那国のこと。
日本では与那国島でのみ製造出来る(特例で認められている)
アルコール度数60%の花酒(泡盛だけど分類上スピリッツ)にも
「どなん」という銘柄が。

どうでも良い話、私はいつも花酒をストックしておいて時々ストレートで
ちょびっと飲むのですが、翌日二日酔いにはなりませんが若干目は回ったまま。
酒が残ってる感が満載。

この碑に書かれているのは「どなんすんがに」

どなんすんがに
与那国ぬ情
いい言葉ど情
歌に声かぎて
うりど身ぬなさぎ

与那国ぬ渡海や
池ぬ水心
心安安と
渡てぃいもり


与那国の人はみんな歌えるようです。
ネットでどなんすんがにの歌詞を調べるとこの碑に書いてあるのとやや違うのですが。




ちなみにここは牧場なので、色々牛さんや馬さんの落とし物があります。
ビーサンで歩くの注意。

14020723.jpg




うし。

14020725.jpg




親子馬。
かわいいー!!

14020726.jpg




風車。
天気わるい。

14020727.jpg




与那国馬。
人に慣れているのね。

14020728.jpg




2009年の記事にも書きましたが、与那国の牧場には「テキサスゲート」という溝が
あって馬や牛が逃げないようになってます。
牧場の柵とかはありません。
テキサスゲート内に入ると車道も馬、牛がウロウロ。
落とし物も沢山。
マリオカートみたいですね。

14020729.jpg




「立神岩」
ダイビングログの中にあった「男岩」の陸上ver.

14020730.jpg




その昔、ある若者が立神岩の頂上で命乞いをしたらその願いが叶ったという
伝説から「神の岩」と呼ばれるそう。
荒い与那国の海の波が打ち付けるので断崖絶壁。

14020734.jpg


14020731.jpg




ヨナグニサン。
うえぇー……。
日本最大の蛾…

14020732.jpg




カジキ。いいね!

14020733.jpg




コトー先生の診療所。

14020735.jpg




こんなところで働きたいもんだ。
昼休みはビーチで寝ビール……

14020736.jpg




こんなのあったかな??
天気が良ければ気持ち良さそうなテーブル。

14020737.jpg




ぐるっと1周してきて最後は西崎(いりざき。陽が入るから)。
カジキ、あったかな…??
水中銃で撃たれたみたいになってますが…。

14020738.jpg




レンタカー返さねばなので日本で一番遅い日の入りを見る暇もなく…
前回来たときは宿から毎日歩いて来て夕日を見てました。

14020739.jpg




そして夕食。
与那国特産、長命草。
長命草は与那国の海岸や断崖に自生している野草。
薬草として使われているそう。

長命草の天ぷら。味は、癖も無く普通の天ぷらで美味しい。

14020740.jpg


ダイビングの頭痛と寝不足の疲れがたまっているのでこの日は
早めにお開き。
翌日は私の与那国ラストダイブ。
そして一緒に潜ってたAさんの帰宅日。
ついでに関東大雪の予報。

つづく。

2014与那国ダイビング 3

こちらのつづき。


与那国2日目、2本目は西崎(いりざき)。
私が与那国に来た目的。
ハンマーポイント。


ブルーウォーターですね。
ドン深の海を潮に流されて泳ぎます。
普段のダイビングは地形や生物を見つけて泳ぐ様なスタイルですが、
ブルーウォーターは潮に流されながら、回遊してくる大物を狙います。
大物に出会わなければただ真っ青な海を流されただけ、という事に。
魚を一匹も見かけなかった、という時もあるようです。


ダイバーは結構散り散り。
深い所にいる人もいれば、私のように浅めのところにいる人もいます。
(深い所に行った方がエアーも消費するし疲れるから)
メインガイドさんは一番深い所に居て、ハンマーを探しながら泳いでます。
ハンマーが見つかったら、ハンマーを追いかけるのではなく(追いつかない)
ハンマーの進行方向の先に向かって泳いで、ハンマーと合流するかたちとなります。






今回は流れ?あったよとっても!!!!!(・∀・)
とりあえずはドリフトなので(流されてるだけ…のはず……でも疲れた)いいのですが。

ハンマーヘッドロック。
この先あたりからハンマーが出てくるよかーん。

14020718.jpg




なんでこんなに人工的な形なんだろう。

14020719.jpg




ぼんやりしてたらハンマーの群れ出現!!!
「あっち!あっち!」とか指差されながら泳ぐのですが、
ハンマーが出現したということは、流されダイビングでは無くなり、
流れに逆らってハンマーの進行方向に泳いで行かねばならないという事。
ひー!!皆猛ダッシュ。
引っ張られて泳ぐもゼーゼーの私。流れ強いよ。
マスクが流されるんじゃないかとか心配してましたが、
そういう感じではなかったんだけど。
でもマスクに水が入ってもマスククリアとかしてる余裕は無く…。
必死で泳ぎながらカメラカメラ。

14020721.jpg




心の目で見て下さい。
上の写真じゃわかりにくいので丸で囲ってみました。
ハンマーの群れ。
小さい群れに見えますが、実際は50オーバーくらいの群れなんです……

14020720.jpg




一応、昨日のハンマー単体に続き、ハンマーの群れゲット!!
しかし、普段バカみたいに水中写真撮りまくるのですが…
与那国は3日間潜ってその間一度もバッテリー充電しませんでした。
充電しなくても足りました。
撮った写真、少ない……

この時も水面に上がると酷い頭痛で動けなかったので、2本で終了〜!
他の方たちは「海底遺跡」に行きました。
海底遺跡は前に潜ったもんね。いいもん…(行きたかった!!!!!)

つづく。
プロフィール

しまきんちゃく

Author:しまきんちゃく
好きな事…ダイビング、写真
好きな音楽…吉井和哉、RADWIMPS
好きなもの…シュモクザメ、インベーダー、猫

水中撮影に使用しているのはFinePix F200EXR、その他はPowerShot S95を使用しています。

海中でシュモクザメに会いたい。
シュモクザメと海沿いドライブとか出来たら楽しそう。
時々、ブログにシュモクザメのぬいぐるみ「あらたん」が
でてきます。

しまきんちゃくふぐが可愛かったので名前借りました。
でも多分ハナキンチャクフグの間違えです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
↑ランキングに参加しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
スーモ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。